日本のプログラマーの待遇

プログラマーというと、ITの専門職となっていますから、様々な知識や技術が必要となるため、「待遇は、良いのだろう」と思われている職業でもあります。他の職業の方などに「プログラマーをやっている」というと、「収入が良さそう」と言われた経験がある方も多いでしょう。
しかし、実際には日本のプログラマーの待遇というのはそれほどいいというものではありません。

日本のプログラマーの待遇についてですが、プログラマーの平均年収は、430万円前後といわれています。
平均年齢は、32.3歳となっていますから、「この年齢にすれば、やはり収入も良い方では?」と思われる方が多いと思います。
しかし、実際にプログラマーとして仕事をしている方の待遇は、かなり大変なものです。

まず、プログラマーの仕事というのは納期などがありますから、それまでに必ず仕上げる必要があり、時によっては残業や数日泊りのまま仕事を弑がれることもあります。
ITの世界というのは、トラブルもつきものです。
思い通りにシステムが作動しなかった場合、動かなくなってしまった場合には、その都度呼び出しなどがかかることもあり、希望通りに休みが取れないことも多いのが現状。
何より、プログラマーという仕事は、細かい仕事、根気、辛抱強さも必要となってきます。精神的に疲労も大きな仕事となってしまいます。
そう考えると、この年収は少ないくらいではないでしょうか。

それに比べ、海外でのプログラマーの待遇はかなり高くなっています。
年収も600万円から800万円と多い国が多いですし、残業も少なく、休日もしっかりと取れる環境となっています。
海外と日本の環境を比べてしまうと、「どうして、同じ仕事なのにこんなに待遇が違うのだろう?」と不満に感じる方も多いかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です